レディースローンの特徴と審査対策

内緒で借りたい…主婦にピッタリなカードローンを紹介

「今月の家計が苦しいな…」「たまには家族で旅行に行きたい…」「友人とのランチ…行きたいけどお金が…」主婦によくある悩みなのです。

家計を管理することが多い主婦は、やりたいことがあっても思うようにお金が使えないことも多いですよね。

そこでオススメなのがカードローンの利用です。「カードローンなんて旦那にバレたら大変!」と思う人もいますよね。

そんな人も安心して利用できる内緒で借りたい人にピッタリなカードローンを紹介していきますよ。

あなたはどっち?パート主婦or専業主婦

主婦と一口に言っても、収入のあるパート主婦と収入のない専業主婦に分けることができます。

同じ主婦でも収入の有無で借入先が変わってきますよ。

主婦 収入の有無 借入先
パート主婦 銀行カードローン、消費者金融
専業主婦 銀行カードローン、消費者金融(配偶者貸付)
銀行カードローンは収入の有無にかかわらず主婦が申し込むことができますが、消費者金融では収入が無ければ単独での申込みは難しくなります。

専業主婦の場合は、配偶者貸付となるため、配偶者に内緒で借入れすることは出来ないのです。

パート主婦なら内緒で借りられる可能性が高い

主婦の中でもパート主婦であれば、自分の働いた収入で申し込みをするため内緒で借りられる可能性は高いです。

カードローンは申し込む人の信用をもとに審査を行うため、保証人や担保は不要になっています。そのため申し込む人以外の審査は無いのです。

配偶者の審査がないと言うことは、配偶者にバレる心配もありませんね。

  • 申し込む人の収入で審査
  • 保証人・担保は不要
  • 配偶者の審査なし

他にもバレる心配を無くそうと思ったら、電話連絡を携帯にする、郵送物をなくす等の配慮もポイントになりますよ。

銀行カードローンなら低金利で借入可能

パート主婦なら金利の低い銀行カードローンにも申し込みができます。申込条件にも「アルバイト・パートの方も申込可能」と書いてあるところもあるので、安心して申し込めますね。

在籍確認等の審査も申し込みをした本人の勤務先へ電話がかかる為、配偶者の勤務先等の情報を入力する必要は一切ありませんよ。

急いで借りるなら消費者金融!スピード融資にも対応で心強い

銀行カードローンは低金利が魅力ですね。一方、消費者金融ではスピード融資が魅力となります。

消費者金融であれば、最短30分のスピード審査となっているところもあるので、最短即日融資の可能性もあります。急に飲み会に誘われた時や急な冠婚葬祭等にも対応できますよ。

申込み

必要書類の提出

審査

審査結果の連絡

契約手続き

借入

消費者金融では必要書類の提出もスマホアプリやメール添付で行うことができるため、来店不要となっているところもあります。

来店不要であれば、店舗に近づくことがないため誰かに申し込みを見られる心配もありませんね。

ただし、急いでお金を借りる場合には自動契約機で契約をした方が早いこともあります。

自動契約機では、その場でカードを受取ることができるため郵送物を減らすことができるメリットもありますよ。

パート主婦なら自分の収入で借入可能

ここまで見てきた通り、パート主婦であれば自分の収入で借入可能なため、銀行カードローン・消費者金融のいずれにも申し込みができるのです。

借入金額は年収の1/3までとなるためパートやアルバイトでは高額な借入れはできませんが、急な出費に対応するためには十分な金額ですね。

もちろん、電話連絡を携帯電話にしたり、郵送物をなくしたりすることで家族や知人等に内緒で利用することもできますよ。

専業主婦でも借りられる!おススメは銀行カードローン

専業主婦の場合は、申込む本人に収入がないため配偶者に内緒で…というよりも借入先を見つけることが先になります。

スピード審査が魅力となっている消費者金融では、総量規制があるため基本的には専業主婦の借入れはできません。

貸金業法 内容
総量規制 貸付は年収の1/3以下
総量規制の例外(配偶者貸付) 配偶者と併せた年収の1/3以下の貸付は可能

専業主婦では年収が「0」なので、年収の1/3も0円となりますね。そこで気になるのが総量規制の例外ですね。

専業主婦が消費者金融でお金を借りようと思ったら、配偶者と併せた年収の1/3以下までは借りることができるのです。

けれど、配偶者の年収と合算するため配偶者の同意書が必要になり、配偶者との婚姻関係を示す書類の提出も必要になります。

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票等)
  • 配偶者の収入証明書類(借入額が一定額以上の場合)

書類が多くなるということは、審査の手間も増えるため、大手消費者金融では配偶者貸付は行っていません。中小消費者金融の中から配偶者貸付を行っているところを見つける必要があるのです。

配偶者の同意書も必要になる為、内緒で借入れをしたい人には向かないですね。そこで頼りになるのが銀行カードローンとなりますよ。

専業主婦も申し込める!銀行カードローン

銀行カードローンであれば、専業主婦も本人確認書類だけで申し込むことができます。

ただし配偶者の同意が必要になる所もあるため、事前に確認する必要がありますよ。

例えば、インターネットから申込みをする時には、配偶者の勤務先を入力する必要があるところと無いところがあります。

配偶者の勤務先を入力する必要があるところでは、配偶者の勤務先に在籍確認の連絡をすることもありますので、事前に配偶者の同意が必要となりますよ。

インターネットから申込み

申込欄に配偶者の情報を入力する必要あり

配偶者の勤務先に在籍確認がある場合も…

配偶者の同意が必要
専業主婦専用の申込みサイトがあるところでは、配偶者の情報は入力不要になっているところもあります。

こういったところであれば、配偶者の勤務先に連絡がいく心配もなく、配偶者に内緒で利用することができますね。

インターネットから申込み

申込欄に配偶者に関する情報を入力する欄がない

配偶者の同意不要

銀行カードローンでは、専業主婦の申込みは50万円までといった上限金額が決められています。

そのため、銀行カードローンであっても高額な借入れはできませんが、内緒で借入れするには十分な金額ですね。

銀行カードローンには余裕をもって申し込もう!

専業主婦が配偶者に内緒でお金を借りようと思ったら、銀行カードローンがピッタリな理由が分かりましたね。繰り返しになりますが、消費者金融では必ず配偶者の同意が必要だからですね。

しかし、銀行カードローンは消費者金融のようなスピード審査には対応していません。

そこで、お金が必要になった時にすぐ利用できるよう事前に契約しておくと安心です。

銀行カードローンに申し込み

審査結果の連絡(最短2日)

契約手続き

ローンカードの郵送(1週間~10日)

ATMで借入可能

上記のように、審査結果の連絡まで最短で2日かかり、それからローンカードが届くまでに1週間~10日程度必要になります。

もちろん借入方法で振込みに対応している所であれが、契約手続き後には借りられるところもありますので、借入れまで最短で2日となりますね。

けれど、急な出費で今すぐお金を借りたいと言った要望には応えることができません。

しかし事前にローンカードを作っておくと、いざという時にはATMですぐにお金を借りることができるのです。

内緒でカードローンなら計画的な利用が重要

配偶者等の家族に内緒でカードローンを利用しようと思ったら、計画的に利用することがポイントです。

なぜなら返済に遅れると、催促の電話があったり、ハガキが郵送されたりするからですね。

郵送物は家族にバレる原因になるので、しっかりとした返済計画を立て、返済に遅れないことが大切ですよ。

閉じる
閉じる