レディースローンの特徴と審査対策

カードローンの在籍確認が不安…電話連絡は避けても大丈夫?

カードローンに申し込みたいけれど、在籍確認は止めて欲しいな…そう思っているのは、あなただけではありませんよ。

実はカードローンに申し込むほとんどの人は、会社に電話をかけるという在籍確認はして欲しいものではないのです。

カードローン会社も申し込む人の気持ちは分かっているので、カードローンの在籍確認だとバレることのないよう、工夫しながら電話連絡をしています。

だけど、バレるかもしれないから止めてほしい…という気持ちも分かります。そこで、「電話連絡は避けることができるのか」いろんなパターンを見ていきましょう。

理由が知りたい!カードローンは何で在籍確認をするの?

カードローンの審査では必ず在籍確認がありますが、できれば避けたい審査ですよね。そこで、何で在籍確認をするのか「在籍確認をする理由」を知って、納得してから申し込みをしましょう。

在籍確認をする理由と言えば

在籍確認をする理由と言えば、返済能力を確かめるためですね。

そして返済能力を確かめるためには、安定した収入があるかがポイントになります。安定した収入の有無を調べるには、勤務先の確認となるのです。

返済能力の有無を知りたい

返済能力には安定した収入がポイント

安定した収入には勤務先の安定が肝心

本当に申告している勤務先に勤めているのかチェック

在籍確認が重要

繰り返しになりますが、上記のように在籍確認をする事で、申告している勤務先に勤めていることが分かり、安定した収入があることが分かり、返済能力があると判断できるのです。

どうして勤務先に電話連絡するの?在籍確認の方法

在籍確認をする理由が分かったところで、在籍確認の方法を見ていきましょう。

申告している勤務先に本当に勤めているかを確かめるためには、電話や書類の提出といった方法がありますね。

  • 電話
  • 書類

電話で在籍確認

在籍確認では電話で勤務先へ連絡するところが多いです。というのも、電話の方が手っ取り早く、しかも確実だからですね。

  • スピーディに確認できる
  • 確実に確認できる

上記が電話で在籍確認を行うメリットです。

電話で申し込みをした本人と話をする事で、不正利用を防ぐことができるし、虚偽の申告も見抜くことができますよ。

例えば保険証を落としてしまった場合に、知らない人に拾われて勝手にカードローンに申し込まれることを防げるのです。

また退職後に前職で申し込みをした場合には、既に働いていないことがバレるので申込情報に嘘があることがバレますよ。

書類で在籍確認

在籍確認は電話で行うことが多いですが、中には書類で済ませることができる場合もあります。書類で済ませる場合は、給与明細書や健康保険証等の書類が必要になります。

  • 給与明細書
  • 健康保険証
  • 社員証
  • 源泉徴収票

上記の書類で在籍していることを確認するため、2つ以上の書類が必要だったり、直近の給与明細書が必要だったりしますよ。

そして書類で在籍確認を行っているところは少ないため、まずは書類での在籍確認に対応しているのか確認する必要があります。

在籍確認は電話が主流

ここまで見て、在籍確認は電話連絡で行うところが多い理由が分かりましたね。

在籍確認 メリット デメリット
電話 スピーディ、確実 勤務先に電話がかかってくる
書類 勤務先に電話がかかってこない 書類が複数必要になる

繰り返しになりますが上記以外にも、本人が申し込みしたことを確かめたり、前職の職場で申し込みをしていないかを確かめたりするためにも、在籍確認で電話連絡が主流な理由が分かりますね。

それでも電話連絡を避けたい!電話に出なくても大丈夫?

カードローンは在籍確認が必要な理由や在籍確認には電話が最適だということが納得できました。だけど、それでも電話連絡を避けたいという気持ちが残る人もいますよね。

ここでは、どの程度の回避までは審査OKとなるのかパターンを見ていきましょう。

  • 営業に出かける
  • 申込者の休みの日にかけてもらう
  • 電話番号をわざと書き間違える
  • 電話がつながらない
  • 誰も電話に出ない

営業に出かける!

在籍確認の電話がかかってくる前に、営業に出かけたり、昼休憩をとったりして会社から出かけると、カードローン会社の電話に出なくて済みますね。

カードローン会社から電話がかかってくると、同僚に任せることになります。

出社前にカードローンに申し込み

出社後すぐに営業回りへ外出

カードローン会社からの電話は不在

会社に戻る

この電話では、在籍確認は成立します。そのため審査OKとなりますよ。

在籍確認では、本当に申告している勤務先に勤務しているかどうかがポイントになるため、本人が電話に出ること自体は重要ではないのです。

電話を受けた勤務先の人が「只今、席を外しています」等の在籍していることが分かる返答があると、審査終了ですよ。

申込者の休みの日にかけてもらう

会社は休日では無いけれど、申込者は休みという日もありますね。例えばシフト制のアルバイトなので、会社の営業日でもシフトに入っていない時があります。

そんな時でも、先ほど紹介した通り勤務先の人が「本日は休みになっています」等の在籍していることが分かる返答があると、審査終了になりますよ。

本人は電話に出ることなく審査が終了するので、電話が苦手で避けたい…という人にはピッタリですね。

電話番号をわざと書き間違える

電話番号をわざと書き間違えると、審査に通りません。これは、悪質だと判断されると審査に通りません。

勤務先で働いているかがポイントなので、勤務先に繋がらなければ審査ができません。審査ができなければ、通ることはできませんね。

電話がつながらない・誰も電話に出ない

電話番号はきちんと書いているのに、時間帯であったり、曜日であったりタイミングが合わなくてつながらない場合になります。

この場合は、カードローン会社が時間帯や曜日を変えて連絡する場合もありますので、審査に通るかどうかはカードローン会社次第となりますよ。

同僚が在籍確認の電話に出てもバレない?会社にバレない言い訳とは

ここまで見て、在籍確認の電話を避けようと思ったら、電話は同僚に任せて外出する方法なら審査に通ることが分かりましたね。けれど、これでは会社にバレてしまうのではないかと不安になります。

「電話には出たくないけど、会社にもバレたくない」これがホンネだという人も多いですよね。そこでポイントになるのが言い訳になります。

  • クレジットカードを作った
  • 車のローンを組んだ
  • 保険会社の在籍確認
  • 営業電話かな?

上記が当たり障りのない言い訳となりますね。

クレジットカードを作った

クレジットカードを作る時にも、在籍確認の電話が入ります。そして、クレジットカードなら大多数の人が持っているものなので、とやかく言う人も少ないです。

すんなり「そうなんだね」と納得する人も多いため、疑われないためには出社後に「今日、クレジットカードの在籍確認の電話があるかもしれません」と伝えておくとスムーズですね。

あなたの外出中にカードローンの在籍確認があっても、電話を受けた人は「このことか!」と不審になることがありません。

車のローンを組んだ

車のローンも審査の中に在籍確認があります。そのため、電話を取った人から「何の電話?」と聞かれた時に「車のローンの確認電話」とサクッと伝えると、怪しまれることがありませんね。

下手に口ごもったり、隠したりすると気になってしまうので、サクッと伝えることがポイントですよ。

保険会社の在籍確認

生命保険等の保険にも在籍確認があることがあります。クレジットカードや車のローンと同じように、「最近、保険に入ったからその確認」と伝えましょう。

車のローンでは、車が変わってなかったら怪しまれることもありますが、保険なら周りから本当かどうかが分かりにくいですね。

営業電話かな?

営業電話では、社名を名乗らずに個人名でかけてくることも多いため、カードローンの在籍確認に対する言い訳にもピッタリです。

事前に「投資関係の営業マンと名刺交換をしてしまった」「保険の勧誘員と名刺交換をしてしまった」等の情報を流しておくと、勤務先の人にも「勧誘電話かな?」とイメージが付きやすいですね。

ただし名刺交換をあまりしない職種であれば、この言い訳は使いづらいので既に紹介した3つの言い訳を使った方が無難です。

在籍確認は恐くない!

勤務先に電話連絡があると聞くと、「電話にでないといけないの?」「周りにバレないかな…」等、不安になることが多いですよね。

けれど電話に出るのが苦手であれば、席を外している時にかけてもらったり、会社は営業しているけれど本人は休みの日にかけてもらったりすることもできるのです。

周りにバレないか不安であれば、他の在籍確認がある言い訳を用意することで回避することもできます。

それでも在籍確認の電話は避けたい…という場合は、書類での在籍確認に対応しているところへ申し込むことも検討すると安心ですね。

閉じる
閉じる