レディースローンの特徴と審査対策

ローンカードの郵送は困る…家族にバレずにカードを受け取る方法

カードローンに申し込みをすると、契約手続き後にローンカードが送られてきます。ローンカードがあると、ATMから借入・返済ができるので、いざという時にも安心ですよね。

だけど、このカードローンをどうやって受け取ろうか悩む人もいます。

特に実家暮らしで家族に内緒でカードローンを利用したい人や、同棲している彼氏に内緒でカードローンを利用したい人には、ローンカードが送られてくることは避けたいですよね。

そこで、ここではローンカードの受け取り方を見ていきます。郵送を避ける方法やカードレスで利用する方法を紹介しますよ。

知っておきたい!ローンカードは郵送が基本

カードローンに申し込むと、たいていのカードローン会社は以下の流れになります。

申込み

審査

契約

カードの郵送

借入
カードを受取る前に振込みによって融資を実行してくれるカードローン会社もありますが、ローンカードは郵送で受け取ることになります。

ローンカードがあれば、振込み以外にもATMから直接現金を借りることができるため、急に現金が必要な時でも安心ですね。

けれど、ローンカードが自宅へ郵送されると困るという人も当然います。そんな人は以下の対策を取ると心配いりませんよ。

  • 日時指定を選択
  • 自動契約機へ来店
  • WEB完結でカードレスを選択

上記には対応しているカードローン会社と対応していないカードローン会社があるため、ローンカードの郵送を避ける時には、それぞれの方法に対応しているカードローン会社を選ぶ必要がありますよ。

ローンカードの郵送は仕方ない!日時を指定して自分で受取る

基本的にはローンカードは郵送となっているため、郵送を避けることは諦めて、日時を指定して自分でカードを受取る方法があります。

指定の時間帯に自宅で契約者本人がカードを受取ることができるため、家族にバレたくない方や留守がちでカードを受取ることが難しいという方にもピッタリですね。

受取人確認配達サービスを利用

消費者金融の中には指定の時間帯に、自宅でカードを受取ることができる宅配便サービスを行っています。本人限定配送なので、家族が受け取る心配もいりません。

カードを届ける際には、運転免許証・パスポート・個人番号カード・在留カード・特別永住者証明書のいずれかが必要になりますよ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記の公的証書の原本で契約者の氏名・住所・生年月日を確認してから、ローンカードのお渡しとなるので、間違えて家族等に渡すことはありませんね。

パスポートなどの住所の記載がない公的証書の場合は、公共料金の請求書などで確認することになりますよ。

万一契約者本人が不在の場合は、カードを営業所に持ち帰り、契約者が在宅の時に再配達となるので、代わりに誰かが受け取ることはないのです。

時間帯指定だから不在がちでも安心

受取人確認配達サービスは時間帯を指定できるため、留守がちの方でも確実にカードを受取ることができます。

  • 午前中(9:00~12:00)
  • 12:00~14:00
  • 14:00~16:00
  • 16:00~18:00
  • 18:00~20:00
  • 19:00~21:00

上記の6つの時間帯から選ぶことができるため、仕事から帰ってからでも受け取ることができますね。

ローンカードを受取る日付も、1週間以内であれば選ぶことができるため、仕事が休みの日を選ぶこともできますよ。

そしてローンカードは届き次第利用できるわけではなく、カードと同封した書面に記載されている連絡先へ連絡すると利用できるようになります。

これは何らかの形で契約者以外の人がローンカードを受取ってしまっても、悪用されないための対策ですね。

ローンカードの郵送を避ける!自動契約機へ来店

自宅への郵送を避けるには、来店してその場でローンカードを受取るという方法があります。

来店といっても店頭窓口だけではなく、テレビ窓口や自動契約機がありますよ。

  • 店頭窓口
  • テレビ窓口
  • 自動契約機

仕事帰りに行こうと思ったら、テレビ窓口や自動契約機の方が営業時間が長いところが多く、来店しやすいです。

来店方法 営業時間
店頭窓口 (平日のみ)10:00~18:00
テレビ窓口 (平日)9:00~20:00/(土祝)10:00~18:00/(日)10:00~17:00
自動契約機 (平日/土日祝)9:00~22:00

自動契約機では、土日祝日も22:00まで開いているところがありますので、仕事帰りでも安心して来店できますね。

ただし、各カードローン会社や店舗によって営業時間は異なる為、事前に確認してから来店しましょう。

自動契約機でローンカードの受け取りまでの流れ

自動契約機でローンカードを受け取ろうと思ったら、以下の流れになります。

自動契約機へ来店

申込み(タッチパネル)

審査

契約・カード発行(その場で受取り)

借入

約30分ですべての手続きが完了し、契約完了後にはその場でカードを受取り借入可能となるため、一度に全ての手続きが完了しますよ。本人確認書類等の必要書類を忘れずに持参することがポイントですね。

契約だけ来店することも可能

自動契約機で申込みから契約までを行うのではなく、インターネットから申込み・審査までを行い、契約だけ自動契約機へ来店する方法もあります。

出勤時や休憩中に申込みや審査を済ませておくと、来店時は契約・カード発行だけとなるため、スムーズにカードの受取りができますよ。

ローンカードを発行しない!WEB完結のカードレスで郵送なし

ローンカードの郵送を避けようと思ったら、そもそもカードを発行しないという方法があります。

申込方法はWEBになります。

申込み(WEB)

審査

契約(WEB)

借入(振込み)

カードレスのWEB完結で契約するには、返済方法が口座振替になったり、カード不要を選択したり、契約時に気をつけることがありますよ。

カードの発行がないため、カードが自宅に郵送されることはありません。

スマホならアプリで借入ができるところもある

消費者金融の中には、スマホに専用アプリをダウンロードして、セブン銀行のスマホATMから借入・返済ができるシステムがあります。

24時間365日、いつでも必要な時にカードレスでお金を借りることができるため、便利に使うことができますね。

すべてのWEB完結がカードレスではない

WEB完結は消費者金融・銀行カードローンのいずれの金融機関にも取り扱いがあります。

けれど「WEB完結=カードレス」ではないので、申し込む前にカードレスの対応の有無を調べておくと安心ですね。

WEB完結では、インターネットで申し込みが完了することを言う場合やインターネットで申し込みから契約までが完了することを言う場合がありますよ。

WEB完結の種類 内容
WEB完結① インターネットで申し込みが完了
WEB完結② インターネットで申し込みから契約まで完了

上記のように同じWEB完結であっても、内容は異なります。

そして、カードレスに対応しているかも各カードローン会社によって異なる為、ローンカードの郵送を避けたいのであれば、しっかり確認しておく必要がありますね。

ここまで見てきて、ローンカードの受取方法や避ける対策を考えるには3つの方法がある事が分かりましたね。

ローンカードを郵送で受け取るなら日時・時間指定のできるサービス、ローンカードの郵送を避けて自動契約機で受取る、カードの発行を無くすといった選択肢がありますよ。

閉じる
閉じる