レディースローンの特徴と審査対策

低収入でも大丈夫!カードローンは年収に合った借入額がポイント

「カードローンを利用したいけど、収入が低いからどうせダメだよね…」などと諦めていませんか?派遣社員や契約社員だったり、アルバイトやパートで毎月定額の収入ではなかったりすると気になりますよね。

もちろんカードローンには審査がありますので、申し込めば誰でもお金を借りられるわけではありません。けれど、収入が低いから審査に落ちるということは無いのです。

重要なのは年収に見合った融資額で借り入れの申し込みをする事です。それでは、「年収に見合った金額って一体いくらなの?」という疑問に答えていきますよ。

意外に知らない!カードローンの限度額について

カードローンの限度額は、申し込む商品ごとに決められていますよね。例えば、融資額が最高300万円までのところもあれば、500万円だったり、800万円だったりするところもあります。

例えば「車の購入費としてキャッシングがしたいから、融資額500万円のところにしよう」と思っても、実際に500万円借入れできるとは限らないのです。

借入限度額は商品自体にも決められていますが、それ以前に自分の年収からも決まってしまうのです。

年収の3分の1まで

よく耳にするのが、借入可能額は「年収の3分の1まで」といった言葉ですね。これは、貸金業者であれば絶対に守らなければなりません。

なぜなら、貸金業者が守らなければならない貸金業法で定められているからですね。総量規制と言われているものになります。

借入れできるのは年収の3分の1までとなりますので、カードローンの限度額が最高500万円となっているところであっても、年収しだいで一人一人限度額は変わるのです。

年収 借入可能額
90万円 30万円
300万円 100万円
1,500万円 500万円

上記のように500万円の融資を受けようと思ったら、融資額の3倍の1,500万円の年収が必要になりますよ。

知っているとお得!銀行カードローンなら年収の半分まで可能?

先ほど紹介したのは、貸金業者であれば絶対に守らなければならないルールでした。貸金業者には消費者金融や信販会社が該当しますよ。

けれど、銀行カードローンであれば総量規制は対象外となります。そこで各銀行を調べてみると、融資額が高額になれば年収の半分まで可能となるところもあります。

ただし、その場合でも100万円以下の借入れであれば年収の1/3までとしているところが多いですよ。

借入額 年収条件
100万円まで なし
200万円 400万円以上
300万円 600万円以上
400万円 800万円以上
500万円 1,000万円以上

上記のように定めているところもあるため、銀行カードローンであれば年収の3分の1~半分程度が借入の目安となりますよ。

借入極度額が上がれば金利は下がりますので、できるだけ高額で借入れできる方が嬉しいですね。

【関連記事】

年収だけでは決まらない!カードローンで借りられる上限金額について

年収が分からない!勤続1年経っていない時は申し込めない?

働き始めてから1年経っていない場合でも、お金が足りなくてカードローンに頼りたくなります。どちらかと言えば、働き始めの時の方がスーツを買ったり、かばんを買ったりお金が必要になることは多いですよね。

けれどカードローンに申込もうと思ったら「年収欄」があり、いくらで入力するべきなのか悩みます。

カードローンに申込む時には安定した収入が必要になるため、勤続1年以上が安心だと言いますが、1年未満であっても申し込むことはできます。

見込み額で入力

働き始めて1年未満だという時には、ボーナスと税込の見込み年収を合算した金額を年収欄に記入しましょう。

働き始めて1年経っていない場合では、ボーナスが出ない会社もありますので、単純に1ヶ月分の給料を12倍した方が安心ですね。

見込み年収を大きく書きすぎてしまうと、審査担当者が不自然に感じてしまいます。そうすると信頼関係を築くことが難しくなりますので、控えめに書く方が好印象なのです。

  • 年収はボーナス+税込の給料
  • 1年未満で年収が分からない時は、1ヶ月の給料×12を見込み年収とする
  • 見込み年収は大きく書かない方が信頼関係を築きやすい

新入社員もOKなカードローンはある

カードローンの中には、勤続年数3ヶ月以上、6ヶ月以上と明記しているところもありますので、そういったところに申し込みをすると、見込み年収でも十分審査に通る可能性があります。

また新入社員OKと明記しているカードローンもありますので、そういったローンカードを作っておくと、いざという時の飲み会にも安心ですね。

増額を狙う

働き始めたばかりで年収が低い場合は、滞りなく返済を続けて信頼関係を築くことができると、増額してもらえる可能性があります。

勤続年数が増えることで、年収もアップしていったのであれば、なおさら増額のチャンスが出てきます。

そのため初回契約時の融資額が希望額よりも少なかった場合でも、コツコツ借入れ・返済をくり返していくことで、希望通りの融資額へ増やしていくことができますよ。

もちろん増額を狙うのであれば、増額に対応しているカードローン商品を選ぶこともポイントとなりますね。

低収入でも大丈夫!身の丈に合った借入額を希望しよう

ここまで見てきて、カードローンの審査には低収入は関係ないことが分かりましたね。

カードローンの審査で重要なのは、年収に応じた借入額を希望することです。

年収が低いと悩んでいるなら、借入希望額も低くすると良いのです。

低収入で悩んだ場合

アルバイト・パートや働き始めて1年未満という場合は、年収がいくらあるのかをまず把握しましょう。そして、その年収の1/3程度が目安となります。

既に他社から借入れがある場合は、その借入額を含めて年収の1/3までとなりますので、例えば年収90万円で他社から10万円借入をしているのであれば、残りの借入可能額は20万円となります。

けれど、いきなり20万円の借入額となるのは稀です。

他社借入状況の他にも、過去のローン返済履歴、返済能力などを考慮して融資額を決めるため、初回は5~10万円の融資額になる可能性が高く、いきなり年収の1/3までとなることは少ないのです。

年収90万円の最大借入額 他社借入額 借入可能額
30万円 0円 5~30万円
30万円 10万円 5~20万円
30万円 30万円 0円

必要最少額で申し込む

また限度額が大きくなると金利が低くなってお得なことを考えると、高額融資を希望したくなりますが、低収入で申し込もうかどうしようか悩んでいる時には、必要最少額で申し込むという方法もあります。

どの金融機関でも、審査では返済能力があるかどうかを重視しています。

そのため、まずは低金利で借りることよりも審査に通るためにどうしたら良いのかを考えましょう。

年収90万円の方が年収を超える金額で申し込みをしていたり、借入可能額の上限である30万円で申し込みをしていたりすると、きちんと返済できるのか不安になります。

けれど年収90万円の方でも借入額を5万円としていたら、返済の見通しが立ちやすいですよね。そのため好印象となるのです。

  • 借入可能額ではなく必要最少額で申し込む
  • 返済の見通しが立ちやすい金額で借入れする

低収入だから審査が不安…という時には、誰が見ても無理なく返済できる範囲内の借入希望額で申し込むことが大切ですよ。

おすすめ記事

カードローンには極度額と利用限度額の2種類の上限額...

アルバイトやパートでもカードローンを利用することが...

カードローンに申し込む時に、気になるのが「一体いく...

カードローンなら消費者金融や銀行カードローンなど、...

カードローンの借入限度額はいくらまでなのか知ってい...

12
閉じる
閉じる