レディースローンの特徴と審査対策

審査の甘いブライダルローンはない!カードローンも視野に入れよう

ブライダルローンを知っていますか?目的ローンの一種で、結婚資金のためにお金を借りることができるローンです。

このブライダルローンを利用すると、お金がないから結婚式を挙げることができない、お金がないから控えめな式にすると言った悩みを解決できます。

上手に利用することで、貯金が足りない時でも思い通りの式を実現する事ができます。またブライダルローンだけにこだわらず、カードローンも視野に入れていくと選択肢が増えますよ。

思い通りの結婚式を挙げるために!ブライダルローンについて

先程も紹介した通り、ブライダルローンとは高額な結婚資金を用意するためのローンです。

「結婚式を挙げたいけれどお金がない」「希望通りの結婚式にするには、お金が少し足りない」といった時に利用すると便利ですね。

結婚式にはいくら必要なの?

結婚式には大体いくら必要になるのかと言えば、平均して約354.8万円となっています。平均的な招待人数は約70.2人となっていますよ。

もっと小規模で結婚式をする予定であれば、結婚式に必要な金額も少なくなってきますし、もっと大規模で結婚式をする予定であれば、費用も高額となりますね。

そして、この費用の他にも結納、二次会、新婚旅行などにもお金が必要になりますよ。

お金を用意する方法

挙式、披露宴・パーティ費用だけで、平均して約354.8万円もする費用を、みんなはどうやって用意しているのか気になりますよね。

  • ふたりの貯蓄の合計金額
  • 親からの援助
  • 招待客からの祝儀
  • ブライダルローン
  • カードローン

上記を組み合わせて結婚費用をまかなう人が多くなっていますよ。

ふたりの貯蓄が無かったり、親からの援助が無かったりする場合は、ブライダルローンやカードローンの利用ができると助かりますね。

審査の甘いブライダルローンは無い!?気になる審査のポイントとは

数百万円の高額融資を希望することも珍しくないブライダルローンでは、審査も返済能力をしっかりチェックするため厳しくなる傾向にあります。

また挙式の数日前までに申し込む必要があるため、早めの行動がポイントになりますよ。

ブライダルローンの審査のポイント

ブライダルローンの審査のポイントと言えば、返済能力の有無ですね。必ず返済してもらえるのか、信頼できる人かどうかがポイントになります。

  • 年齢
  • 安定した収入

上記が判断できることが重要ですよ。年齢は該当しているか、毎月継続して収入があるか、その証明ができるかがポイントですね。

申込み~振込みまでの流れ

申込先によって多少の違いはありますが、振込みまでの流れは以下になります。

ホームページや問い合わせ等でローンの内容・申込条件を確認

店頭・インターネット・電話等で申込み

仮審査

必要書類の提出

本審査

契約手続き

振込み

必要書類には、本人確認書類、収入証明書類、資金使途証明書類の提出が一般的になっています。

必要書類
本人確認書類 運転免許証、健康保険証、パスポートなど
収入証明書類 源泉徴収票、給与証明書など
資金使途証明書類 結婚式場からの請求書、見積書など

書類を揃える時間や審査にかかる時間も考えて、挙式の数日前までに申し込む必要があるため、早めの行動がポイントになりますね。

借入れの限度額は各金融機関によって異なるため必要な金額が借りられるのかもチェックしましょう。

使いみちは自由!カードローンで借りることも可能

ブライダルローンは、金利が低いというメリットがありますが、用意する書類が多かったり、審査に時間がかかったりするデメリットもあります。

数日前に申し込むことができなかったり、書類の用意が間に合わなかったりした場合には、カードローンを利用する方法もありますよ。

特徴 メリット デメリット
ブライダルローン 低金利(年6.5%~7.0%) 審査が長い、提出書類が多い
カードローン 審査速い、提出書類が少ない 金利が高い(年3.0%~18.0%)

カードローンでは提出書類も本人確認書類だけ、50万円より高額を借りる場合は本人確認書類と収入証明書類の2種類だけとなるため、書類の数も少なく済みます。

資金使途証明書類が不要なので、利用後に支払済確認書類の提出も不要となり、スムーズにお金を借りることができますよ。

カードローンなら結婚式後にも活躍!

カードローンでお金を借りると、結婚式後の新生活でも利用することができます。

急な出費で財布の中のお金では足りない時や給料日前で生活費が不足している時等でも、一度契約をしておくと自由にお金を借りることができるのです。

ブライダルローンでは、一度契約するとあとは返済のみとなりますので、その後の生活で利用することはできませんね。結婚後も便利に使おうと思ったら、カードローンを選んでおくと安心です。

  • 結婚式後も利用可能
  • 急な出費にも対応
  • 生活費の補填にも利用可能

また、「ふたりの貯蓄」や「親からの援助」と「招待客からの祝儀」で結婚費用を用意できるという人には、カードローンの30日間無利息サービスがおススメになります。

祝儀で結婚費用を賄う!それならカードローンの無利息サービスが便利

繰り返しになりますが結婚費用を賄う時には、ふたりの貯蓄や親からの援助の他に招待客からの祝儀で支払おうと思っている人も多いです。

友人からの祝儀は2万円~3万円だとしても、親族からの祝儀は3万円~10万円が相場だと言われているため、招待客70人だとすると高額になりますね。

けれど、結婚費用は前払いとなっているところが多いため、祝儀をあてにしていた場合はお金を支払うことができません。そこで便利なのがカードローンの無利息サービスですね。

カードローンの無利息サービス

カードローンの無利息サービスでは、はじめての契約で30日間無利息という内容が多いです。

つまり結婚式の2週間前ぐらいに契約して、結婚費用の支払日に貯蓄や親からの援助を差し引いた金額を借り入れしておくと、スムーズに支払いすることができますね。

そして結婚式当日に祝儀を受取り、翌日に借り入れ分を返済しておくと、利息を支払うことなく完済することができるのです。

結婚式の2週間前にカードローンに契約

結婚費用の支払日に貯蓄や援助分を差し引いた金額を借り入れ

結婚式(祝儀の受取り)

祝儀で返済

これなら、祝儀が予想よりも少なかった場合でも慌てずに返済できます。

例えば、一人当たり3万円の祝儀で計算して3万円×70人=210万円の祝儀を受取る予想をしていたのに、実際は200万円しか集まらなかったという場合でも、差額の10万円を少しずつ返済していけばいいので安心ですね。

式場によっては当日払いや後日払いという選択肢もありますが、当日払いの場合では祝儀が予想よりも少なかった時に支払えない可能性があります。

後日払いの場合でも、祝儀が少なかったことが分かってからカードローンに契約して借入れといった流れになり、慌ててしまいますよね。その点、事前に支払を済ませておくと心に余裕が持てますね。

祝儀で完済できなかったらどうなるの?

祝儀で完済する予定だったのに、思ったよりも祝儀が集まらなかった時には、差額分が借入額となり返済していく必要があります。

先程の例でいえば、10万円の不足だったので不足があると分かった時点で、返済計画を立てましょう。

月々いくら返済できるのかで考えましょう。

月々の返済額 返済回数 返済総額
5,000円 24回 115,782円
10,000円 11回 107,497円
15,000円 8回 105,061

金利は、契約額が200万円を超えているため年15.0%で計算しています。

月々の返済額が多くなればなるほど、返済回数が減り、返済総額も少なくなりますね。

また随時返済もできるので、月々の返済は少なめに設定してボーナス時にまとめて返済することもできますよ。

もちろん祝儀+不足分の10万円を無利息期間中に返済すると、利息は0円となりますので、安心して利用することができますね。

閉じる
閉じる