レディースローンの特徴と審査対策

レディースローンの在籍確認。申し込み前にバレない対策を!

カードローンを利用しようと思ったら、勤務先への電話連絡があります。「勤務先へ電話連絡…、困るな…」という人もいますよね。

勤務先と言っても、アルバイト・パート・派遣社員であれば「勤務先を書いていいのか分からない」「私宛に電話が来ても気づいてもらえない」という悩みもあります。

ここでは、レディースローンの在籍確認について説明し、在籍確認の方法やよくある質問、アリバイ会社の利用は大丈夫なのか見ていきます。

対策を立てることで、安心して利用できますね。

在籍確認あり!レディースローンの審査はカードローンと同じ

カードローンと同じように、レディースローンの審査でも勤務先へ在籍確認はあります。レディースローンは保証人不要で借入れができる無担保ローンですね。

無担保ローンなので、重要になってくるのが申込者の返済能力になります。

そこで返済能力の有無を手っ取り早く判断するには「直接電話をかけて在籍を確認する」ことが効果的なのです。

勤務先へ電話連絡すると、本当に申告してある会社は存在するのか、実際に勤務しているのかがすぐに分かりますね。

  • 本当に申告してある会社は存在するのか
  • 実際に勤務しているのか

本当に申告してある会社は存在するのか

レディースローンの申込書には、勤務先の記入欄があります。勤務先名や勤務先の住所・電話番号の記入ですね。

  • 勤務先名
  • 勤務先の住所
  • 勤務先の電話番号

中には、勤務先の従業員数や業種・職種・健康保険証の種類等、詳しく記入する必要がある金融機関もありますので、勤務先の健康保険証や社員証等を手元に置いて正確に申告する必要があります。

これらの項目から、申告してある会社は本当に存在する会社なのかを判断します。

申込者の中には、勤務先にバレたくないから嘘の会社を書こう、本当は無職だから適当に書いておこう、という人もいます。

けれど虚偽の申告をしてしまうと、本当に働いているのか、収入があるのかが分からないため、審査に通ることができません。

これらを見抜くためにも勤務先への電話連絡は重要なのです。

実際に勤務しているのか

本当に申告してある会社は存在するのかが分かると、次は実際に勤務しているのかがポイントになります。

実際に勤務しているかを確かめる方法も、勤務先に電話をかけるのがスピーディで確実ですね。

電話だけではない!?気になる在籍確認の方法

返済能力を判断するためにも在籍確認は重要なことは分かったけれど、それでも勤務先へ電話連絡がくるとなると申し込みを悩むものです。

実際、カードローン利用者にカードローンの契約をする際に嫌だったことを尋ねると、約4割の人は「会社に電話をされることが嫌だった」と挙げています。

そこで電話連絡以外の在籍確認の方法は無いのかを探すと、書類での在籍確認を認めているところもあるのです。

  • 健康保険証
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 社員証

上記の書類であれば、申込み時に記載している会社が存在する会社だということや、その会社で申込者が本当に働いていることが確認できますね。

上記の書類の提出で、会社への電話連絡をなしにしてくれるカードローン会社も、少ないですがありますよ。

申し込み方で在籍確認は書類となるところもあれば、相談しだいで在籍確認の電話連絡を書類に変えてくれるところもありますので、事前に調べておくと安心ですね。

  • 申し込み方で在籍確認は書類で行う
  • 申込後の相談しだいで在籍確認を書類に変更してもらえる

どうしても在籍確認が気になって、カードローンに申し込みができない人は、書類での在籍確認を検討してみましょう。

書類での在籍確認が認められないケース

書類での在籍確認ができるなら、書類で行って欲しい!という人は多いですよね。けれど、希望すれば誰でも書類で在籍確認をしてもらえるわけではありませんよ。

  • 選んだレディースローンが書類での在籍確認に対応していない
  • 過去に滞納経験がある
  • 勤続年数が1年未満
  • 既に他社から高額な融資を受けている
  • 借入希望額が高額
書類での在籍確認が認められないケースで一番多い原因は、そもそも選んだレディースローンが書類での在籍確認に対応していないケースですね。

既に紹介した通り、書類での在籍確認を行っているところは限られています。そのため、希望すればどこでも書類での在籍確認ができる訳ではないのです。

また過去に滞納経験があったり、勤続年数が短かったり、借入希望額が高額だったり、しっかり返済能力を審査しなければお金を貸せない状況であれば、書類での在籍確認は難しくなりますよ。

知っておきたい!在籍確認のよくある質問

レディースローンも電話での在籍確認があることが分かったところで、質問になりやすい項目を2つ紹介していきます。

  • 派遣社員の勤務先はどっちを記入するの?
  • 偽名を使ってもらえる?

派遣社員の勤務先はどっちを記入するの?

派遣社員の場合は、雇用されているのは派遣元ですが、実際に働いているのは派遣先になります。そのため、どっちを勤務先として申告したら良いのか悩みますよね。

この答えは派遣元となります。実際に雇われているのは派遣元の会社となるため、給料等も派遣元から出ますよね。そのため派遣元が勤務先となります。

だけど派遣元にはあまり存在を知られていないから、在籍確認で「在籍していない」と言われたらどうしよう…と悩む人もいますよね。

そんな時には、事前にカードローン会社へ相談しましょう。書類で在籍確認をしてもらえることもありますよ。

派遣社員の勤務先

派遣会社を勤務先として情報を記入

カードローン会社へ派遣社員で在籍確認が難しいことを相談

書類で在籍確認をしてもらえることもある

派遣会社の中には、在籍確認に対応していないところもあり、在籍確認に答えない代わりに在籍証明書を発行しているところもあります。

こういったことも踏まえて、事前に派遣会社の担当者の方へ在籍確認の相談をし、その後にカードローン会社へ相談するとスムーズですね。

もちろん派遣会社に相談する時には、カードローンと言わずに「クレジットカードを作った」「保険に加入した」等の在籍確認のある事で相談すると、カードローンの利用がバレる心配もありませんよ。

偽名を使ってもらえる?

在籍確認は担当者の個人名で勤務先へ電話をかけるところが多いです。けれど、個人名で勤務先に電話がかかってくることが不自然な人もいますよね。

そんな時には「取引先の会社名とか偽名を使って欲しい…」という要望も出てきますよね。

しかし、偽名は使ってもらえません。銀行カードローンであれば、希望すれば銀行名で在籍確認を行ってくれるところもありますが、基本的には個人名となります。

  • 個人名で電話
  • 申込先の銀行名に対応しているところもある

カードローンに嘘は禁物!カードローン会社も偽名等で嘘をつくことはできませんよ。

アリバイ会社もNG!在籍確認には嘘の情報は通じない

先程説明した通り、カードローンの在籍確認には嘘は通じません。在籍確認が嫌だし、いろいろ相談するのは面倒だな…という事もありますが、だからと言ってアリバイ会社を利用するのはNGになります。

アリバイ会社の利用

アリバイ会社とは、在籍確認の電話を勤務先に代わって受取ってくれるところになります。

アリバイ会社に申込み

カードローンの勤務先欄へアリバイ会社の電話番号を記入

カードローンの在籍確認はアリバイ会社へ

アリバイ会社が電話を取り、本当の勤務先には連絡なし

在籍確認の電話が本当の勤務先にいかないところだけを見ると、便利なように思えますが、詐欺罪等で罪を問われる可能性もありますよ。

また有罪とならなくても、信用が重要なカードローンでは信用できない人と判断され、ブラック情報となります。

  • 借入残高の一括返済の要求
  • 契約によっては損害金もあり
  • 他の業者・銀行でもブラックリストに入る
  • 今後の借入れにも影響する

上記のようにアリバイ会社を利用することは危険な行為なのです。そのため、アリバイ会社の利用はNGですよ。

在籍確認はすぐに終わる

在籍確認の電話は数分程度で終わる審査になります。既に紹介した通り、在籍確認の目的は本当に勤務先が存在すること、実際にその勤務先で働いていることの確認ですので、それさえ分かれば審査は終了です。

「○○ですが、△△さまをお願いします」

「△△ですね。少々お待ちください」

「お待たせしました、△△です」

「△△△△(フルネーム)さまですか」
「このたびは、お申し込みいただきありがとうございます」

上記の流れになりますので、「はい、はい」と聞いておけばすぐに終わります。

万一、電話を切った後に電話を受けた人から「何の電話?」と聞かれたら「こないだクレジットカードを作ったから、その確認」と言っておけば、電話を受けた人も興味は無くなります。

生年月日を聞かれていないのであれば「保険の勧誘電話。会社まで電話してきて迷惑だね」と言っておけば、電話を受けた人も納得しますよね。

在籍確認を避ける方法よりも、在籍確認があった場合の言い訳を考えておく方がスムーズにカードローンの利用ができるようになりますよ。

閉じる
閉じる