レディースローンの特徴と審査対策

カードローンの自宅郵送は避けることができる!その方法を紹介

カードローンを利用する時には、周りにバレることなくスマートに借入れしたいと思っている人は多いですよね。

そこで気になるのが書類やカード等の受取方法になります。自宅に郵送されるとなると、親にバレたり夫にバレたりといった家族や同居人に心配されるのが不安になりますよね。

ここでは、カードローンに契約する時にはどんな郵送物があるのか、家族にバレたくない場合にはどうしたらいいのかといった方法を紹介していきますよ。

カードローンに契約すると、どんな郵送物がある?

カードローンに契約すると、契約書類、ローンカード、利用明細書、督促状等が自宅に送られてきます。

  • 契約書類
  • ローンカード
  • 利用明細書
  • 督促状

郵送先は自宅と勤務先のいずれかを選べるところもありますが、ほとんどのカードローン会社は自宅に郵送となっていますよ。

契約書類

契約書類とは、契約を結ぶ時に契約内容を表示する文書ですね。契約内容が明確に文章で書いてあると、カードローン会社とトラブルになることも少ないです。

契約書は申込者が確認した後に作られることから、契約内容を合意しており、契約した内容も分かるため、手元に届いたら大切に保管しておく必要がありますね。

ローンカード

ローンカードは、ATMでお金を借りたり返済したりする時に必要になります。受取方法は簡易書留や本人限定受取郵便になっているところが多いですよ。

不在の場合もポストに入っていることはありませんので、再配達や郵便局まで取りにいくことになります。

利用明細書

利用明細書は、利用した月に送られてきます。提携ATMや振込キャッシングを利用した場合に送られてきますよ。

封筒にはカードローン会社名は記載されず、○○サービスと言った差出人になっているところが多いです。

封筒を開けなければ、利用明細書とは分からないため、受け取った家族にバレる可能性は低いです。

ただし、ネット等で差出人名を検索されたり、封筒を開けられたりした場合はカードローンの利用がバレてしまいますね。

督促状

督促状は返済が遅れない限り、発行される心配はありません。また返済に遅れたからすぐに発行される訳でもなく、電話等で本人と連絡が取れない場合や何度も返済が遅れる場合に発行されることが多いです。

返済に遅れる

電話等で本人と連絡が取れない

督促状の発行

返済日を守っていれば督促状を発行されることもないため、返済日を守ることがポイントですね。

意外に簡単!契約書類の自宅郵送を避ける方法

契約書類の自宅郵送を避けたいと思ったら、2つの方法があります。

  • 自動契約機で受け取る
  • Web完結で書類無しを選ぶ

自動契約機で書類を受け取る

カードローンの中には、自動契約機で契約できるところがあります。自動契約機で契約をしてしまえば、その場で契約書類を受け取ることができます。

そうすると契約書類が自宅へ送られてくることはありませんね。

申込み(インターネット、自動契約機)

自動契約機で契約

その場で契約書類の受け取り

契約書類の自宅郵送なし!

インターネットから申込後、そのままインターネットで契約してしまうと契約書類は郵送となってしまう所もあるため注意しましょう。

Web完結で書類無しを選ぶ

Web完結はカードローン会社によって、どこまでWebで対応しているのかが異なります。

  • Webで申し込みまで対応
  • Webで契約まで対応
  • Webで借入れまで対応

Webで申し込みまで対応している所では、契約には来店が必要の場合が多いです。その場合では、来店して契約書類の受け取りができるため、書類の郵送を無くす事が目的であれば来店で解決ですね。

Webで契約まで対応している所では、書類は自宅へ郵送で来店不要となっている場合があります。この場合では書類の郵送があるためインターネットでの申し込みを避ける必要がありますよ。

Webで借入れまで対応している所では、書類は自宅へ郵送する所とそもそも書類の発行をしない所があるため、しっかりと申込後の流れを確認してから申し込む必要があります。

「Web完結」と言っても、どこまでWebで対応しているのかは各社で異なる為、書類の郵送の有無を確認してから申し込みましょう。

カードは必要?不要?ローンカードの自宅郵送を避ける方法

ローンカードの自宅郵送を避けたい場合は、そもそもローンカードは必要かどうかを考えましょう。

ローンカード 自宅郵送を避ける方法
必要 自動契約機で受け取る
不要 カードレスを選択

ローンカードは必要!

ATMを利用するのでローンカードが必要だという人は、自動契約機で契約してローンカードを受け取りましょう。

そうすると自宅へローンカードが郵送される心配はありませんね。ローンカードがその場で受取れるため、併設されているATMですぐにお金を借りることもできますよ。

ローンカードは不要!

振込みを利用するのでローンカードは不要だという人は、カードレスを選択しましょう。

Webで申込み

Webで契約

カードレスを選択

上記の流れで手続きを行うと、書類やカードの郵送物はなしで振込みで借入・返済ができるところがあります。

スマホアプリを利用してセブン銀行ATMから借入・返済ができるところもあるため、カードレスでも24時間365日便利に利用することができますよ。

Web完結では、必要書類の提出もメールやアプリで行うことができるので、忙しい人でもスムーズに手続きを完了させることができますね。

Web明細が便利!利用明細書の自宅郵送を避ける方法

利用明細書の自宅郵送を避けようと思ったら、Web明細が便利ですね。Web明細にすると、インターネット上で現在の取引状況や過去の取引履歴を確認できるため使い勝手も良いのです。

Web明細

Web明細を利用しようと思ったら、まずは会員専用サイトにログインする必要があります。

会員専用サイトにログイン

「交付書面の受取方法登録・変更」をクリック

「ホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択

Web明細の登録完了

上記は一例になるので、各カードローン会社によってクリックするボタンの名称は異なりますが、書面の受取方法の変更となりますね。

事前にメールアドレスの登録が必要になる場合もあるので、早めの行動で早めにWeb明細に切り替えましょう。

また、会員専用サイトからの登録方法が分かりにくければ、店頭窓口や電話等で相談すると安心ですよ。

Web明細のメリット

Web明細のメリットは保管が簡単、見たい時に見たい明細をすぐに出すことができる点ですね。

  • 保管が簡単
  • 見たい時に見たい明細をすぐに出せる

毎回、利用明細書が自宅に郵送されると保管にも困りますよね。保管の仕方によっては家族にバレる可能性も高まります。

その点インターネット上で保管してあると、会員専用サイトにログインしない限りは家族にバレることもないため安心して利用することができます。

そして、何か月か前の利用明細書を見たい時でも、すぐに検索して見ることができるため自分で整理するよりもスムーズに情報の出し入れができるのです。

利用明細書を自宅に郵送されても構わないという人であっても、Web明細を利用した方が保管・管理がラクになりますね。

カードローンの自宅郵送を避ける方法

ここまで見てきて、カードローンの郵送物を無くす方法が分かりましたね。

契約書類やローンカードは自動契約機へ来店したり、Web完結を利用してカードレスを選択したりすると郵送物を無くすことができます。

利用明細書はWeb明細を利用すると、自宅への郵送物を減らすだけでなく、保管や管理もしやすくなります。

督促状は返済日をしっかり守ることで送られてくることはありません。郵送物は事前に対策を取ることで無くすことができるので、万全にしてカードローンに申し込みましょう。

閉じる
閉じる