レディースローンの特徴と審査対策

カードローンの電話連絡を無視したらヤバい…電話に出れない時は?

カードローンに申し込みをすると、申込み時、利用時にカードローン会社から電話がかかってくることがあります。

もちろん、理由もなく電話をかけてくるわけではありませんので、カードローン会社から電話があれば必ず出ましょう。

けれど、周りにバレそうだから出たくない、延滞等の心当たりがあるから出たくない等、それぞれ事情がある場合もありますよね。

それでも電話に出た方がいい理由や電話を無視し続けたらヤバいことを紹介していきます。本人確認の電話、在籍確認の電話、延滞等の連絡の電話、それぞれのケースを見ていきましょう。

カードローンで電話がかかってくる3つのケース

カードローンに申し込みをすると、以下の3つの状況で電話がかかってくることがあります。

  • 本人確認
  • 在籍確認
  • 延滞の連絡

本人確認の電話

本人確認の電話と言えば、申し込みをした人が本人であるか確認する作業になります。

かかってくるタイミングとしては、申し込み後すぐが多いですね。いたずらや詐欺、偽情報でカード審査・発行をしないための作業とも言えますよ。

在籍確認の電話

在籍確認の電話と言えば、申込書に記入してある勤務先に、本当に勤務しているのかを確認する作業になります。

かかってくるタイミングとしては、審査の最終段階に行っているところが多いです。

審査に通るか通らないか分からない段階では、在籍確認の電話は行わず、審査に通る可能性が出てから勤務先へ電話するのが一般的ですよ。

延滞の連絡

延滞の連絡と言えば、まだ返済が行われていないことの確認ですね。

返済する意志はあるのか、いつ頃返済できるのかを確認する作業になります。

電話がかかってくるタイミングとしては、返済日の翌日以降となります。返済日に返済ができなければカードローン会社から電話がかかってきますよ。

知らない電話は出ない主義!本人確認の電話を無視するとどうなる?

申し込みをする時には、固定電話、携帯電話、勤務先の電話等、様々な電話番号を記入する欄があります。そして、希望する連絡先を指定することができます。

例えば連絡を携帯電話にしてほしい場合は、希望する連絡先に携帯電話を指定すると、携帯電話以外の電話にかかってくる可能性が少ないのです。

万一、最初の電話に出なかった場合は、しばらく時間をおいてからかけ直してもらえますよ。

○○さんの携帯電話でよろしいですですか?

△△会社の××と申します。

生年月日・住所の確認

勤務先や年収等の未記入欄に関して質問

上記は一例となっていますが、このような流れで本人確認をします。

本人確認の電話がつながらない場合は、本審査に進むことができません。

つまり本人確認の電話を無視していると、審査が否決となりますので、カードローンに申し込みをしてしばらくは、知らない電話番号であっても注意して電話に出れるようにしておきましょう。

本人確認の電話は必ずかかってくる?

カードローンによっては、本人確認の電話を行わないところもありますが、高額融資を希望したり、書類に不備があったりする場合は、電話がある可能性が高いです。

知らない電話は出ない主義だという人もいますが、本審査に進むためには連絡が取れることがポイントになりますので、カードローンに申し込み後は「もしかしたらカードローン会社かも…?」と意識しておきましょう。

レディースローンを選ぶと安心

知らない電話番号や非通知の電話の相手が男性だったら怖い!という人であれば、レディースローンを選びましょう。

レディースローンであれば、本人確認の電話も女性スタッフとなりますので、見知らぬ電話の相手が男性だということはありませんよ。

少しでも安心して電話に出るためには、レディースローンの検討もありですね。

会社に電話をして欲しくない!在籍確認の電話を無視するとどうなる?

既に紹介した通り、在籍確認の電話は勤務先にかかってきます。「会社に電話して欲しくない!」ほとんどの方は、こう思いますよね。

そこで、勤務先の電話番号を書き間違えてみたり、職場に電話がかかってくると席を外して逃げてみたり…抵抗したくなりますね。

  • 電話番号を書き間違える
  • 席を外して逃げる

電話番号を書き間違える

「電話番号をわざと書き間違えてみる」勤務先の連絡先を書いてさえいれば大丈夫だろう…何て思っていませんか?

先程から繰り返しているように、カードローン会社では勤務先へ電話をします。そのため書き間違えていれば、勤務先へ電話がつながりませんよね。

申し込む側からしたら、勤務先へ繋がらないことが狙いの場合もありますが、こんなことをしたら申込者とカードローン会社で信用関係が結べません。

担保不要のカードローンで一番大切なのは、申込者とカードローン会社の「信用関係」です。

つまり電話番号を書き間違えてしまうと信用が結べませんので、カードローン審査に通らない原因となりますよ。

席を外して逃げる

勤務先へカードローン会社から電話がかかってくるかもしれない日に、わざと営業で外回りをしてみたり、有給を取ってみたり…不在にしてしまおうと考える人もいますよね。

この場合は、勤務先に電話がかかって、申込者が在籍していることが分かると審査は終了となります。

電話を受けた同僚が「本日はお休みをいただいております」「只今、席を外しております」と一言告げてくれるだけで、審査は完了なのです。

「○○と申しますが、△△様をお願いします」

「本日はお休みをいただいております」「只今、席を外しております」

「分かりました。それでは日を改めて連絡します」

上記の流れになりますね。もちろん在籍確認は終了しますので、本当に日を改めて連絡してくることはありません。電話を受けた方に、変に疑われないための言い回しですね。

この方法であれば、申込む本人の知らないうちに在籍確認が終了となりますよ。

「会社に電話をして欲しくない!」という人の多くは、「会社にバレてしまうから」と思っているからです。

けれど、実際は在籍確認の電話で勤務先にバレるのではなく、在籍確認の電話の後の申込者の態度でバレてしまうのです。その場にいなければ、バレる可能性は低くなりますね。

在籍確認で職場にバレた理由

在籍確認で職場にカードローンの申込みがバレた理由には以下が挙げられています。

  • 私用の電話がほとんどかかってこない部署なので、みんなが注目した
  • 電話を取った同僚に怪しまれた
  • 外部に公開していない電話番号だったので、同僚に用件を問い詰められた
  • 電話の私の態度が挙動不審だったから

在籍確認の電話そのものでバレたのではなく、その後の申込者の態度によってバレています。

つまり何でもない用事だと誤魔化すことができれば、勤務先にバレることは無いのです。そこで便利な言い訳は「クレジットカードの在籍確認」ですね。

クレジットカードは何枚も持っている人が多く、誰でも作って不思議の無いカードですので、突っ込まれる心配がありません。

同僚に怪しまれたり、用件を聞かれた時には「クレジットカードを作ったから、その電話」と冷静にサラッと言えると、周りも興味が無くなりますよ。

これはマズイ!延滞の電話を無視するとどうなる?

カードローン会社からは、延滞の場合も電話連絡があります。既に紹介した通り、返済日の翌日から電話がかかってきますので、知らない番号から電話があったら、必ず出ましょう。

この電話を無視すると、電話が繋がるまでかかってきます。最初は希望連絡先に指定したところにしかかかってきませんが、無視を続けると携帯電話・固定電話・勤務先の電話の全てにかかってくることになります。

自宅は家族にバレるから困る、勤務先は同僚にバレるから困る…という人も多いハズ。携帯電話だけにかかってきている内に、キチンと対応することが大切ですよ。

知りたいことは返済意志

延滞していると、気まずい気持ちから「電話に出たくない…」「怒鳴られたらどうしよう…」といったマイナスな気持ちになりがちですが、カードローン会社は親切な対応ですので怒鳴られる心配はありません。

カードローン会社が知りたいことは「いつ返済してもらえるのか」といった返済意志になります。

延滞後に電話がかかってきた時に「すみません。○○日には給料がでるので返済できます」と言うことができると、それ以上しつこく催促されることはありませんよ。

この一言を聞くまでは何度も電話がかかってきます。

当日~1週間前後:指定した連絡先へ電話
↓電話がつながらない
1週間~3週間後:携帯電話・自宅・職場へ電話連絡
↓電話がつながらない
20日前後:専門の債権回収会社や法的手段へ移行

ずっと無視を続けていると、最終的には専門の債権回収会社や法的手段へ移行しますので、そうなると給料の差し押さえをされたり、金融事故情報が信用情報機関に登録されたりしますよ。

給料の差し押さえとなると、給料から直接返済となりますので、給料を手にする前に借金の返済が行われてしまいます。そのため会社にバレる可能性は高くなります。

ここまでくると、債権会社に相談して月々分割返済の話しをつけるか、返済が無理であれば司法書士や弁護士に相談して債務整理の話しをつける必要がありますよ。

事前に連絡するとセーフ

延滞する前に「今月の返済は難しいかも…」ということが分かると、その時点で事前にカードローン会社へ相談する方法もあります。

事前に相談することで、カードローン会社も延滞扱いしなくて済みますし、相談があったことで返済の意志があることが分かります。

中には、今月は利息分の返済だけでOKとしてくれることもありますので、まずは相談することで切羽詰った状況を打破することができますよ。

気づいた時点で連絡を入れる

事前に相談はできなかったけど、延滞に気づいた時点で利用者側から連絡を入れることも大切です。

連絡を入れることで、返済の意志があることが分かりますし、返済計画を立て直すこともできます。

後ろめたいことがあると、電話をするのが怖くなりますが、カードローン会社の電話対応は親切で優しい口調で対応してくれるので、安心して連絡を入れましょう。

カードローン会社からの電話連絡に無視は禁物

カードローン会社から電話がかかってくるには、本人確認・在籍確認・延滞の連絡等、きちんとした理由があるのです。

そのため、無視は禁物ですね。本人確認であれば審査に通ることができなくなるし、延滞の連絡では信用情報にキズがついたり、法的手段を取られてしまったりといった大事に発展してしまいます。

その時その時を誠実な態度で対応することが、信用を築くためにも必要ですよ。

閉じる
閉じる